【鈴木正行】無料メルマガ登録
登録  解除
                   メールアドレス
                   名前(必須)

2011年01月26日

代行業者は友達であり仲間!


代行業者さんに落札代行を利用する際には
初心者の方は負担をかけてしまう事も多いです。

ある程度慣れてきたら、代行が楽できるように
「利用者」のあなたが導きましょう。

そうすることで代行の負担が軽くなり、商品も
より早く届くようになります。

稼いでいる人程、なるべく早く商品を回転させたいし、
代行に負担をかけて対応を遅くしてもデメリットに
なることを知っています。



例えば



●初心者
 10人、20人の中国の販売者から少量ずつ落札

●慣れている人
 大量に商品を取り扱っている1人、2人の
 中国の優良出品者から、落札


これは、落札代行業者が10人、20人と交渉しなければ
ならないか、
1人、2人との交渉で済むのか。という事になります。
同じ商品数でも、代行にかかる時間が全く違いますよね。



●初心者
 商品に問題があった場合、クレームをつける

●慣れている人
 商品に問題があった場合、値引きで売りさばき
 クレームするくらいの時間があるなら次の商品を
 リサーチする


もともと安い中国の商品ですから、細かい問題は
気にせず、次へ行ける方が稼げます。
小銭の問題は気にしない方が、
大金をつかむことができるのです。



●初心者
 代行業者が中国の販売者に連絡したとき、販売者が
 居なかったとか 商品在庫が切れていたなどの場合、
 継続して交渉を求める。
 販売者に連絡付くまで頼む!
 在庫が入荷するまで頼む!など

●慣れている人
 代行業者が中国の販売者に連絡したとき、販売者が
 居なかったとか
 商品在庫が切れていたなどの場合、
 その商品は切り捨てて 集まったものだけ、仕入れる。
 このことを最初に落札代行依頼する際に伝える。


などなど、稼いでいる人は、代行業者の活かし方も
上手です。

くれぐれも、代行業者に質問の嵐や、クレームなどを
つけて敵対しない方がよいですよ。
友達、仲間だと思い、共存共栄していきましょう♪



posted by 鈴木正行 at 17:47| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅中国貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック