【鈴木正行】無料メルマガ登録
登録  解除
                   メールアドレス
                   名前(必須)

2010年01月15日

世界的不況の中、安定する中国

2010年1月14日、フィッチ・レーティングス
中国の長期外貨建て発行体デフォルト格付け(IDR)と、
人民元建てIDRをそれぞれ"A+" と"AA-"と評価した。

見通しはいずれも「安定的」とした。
同時に、外貨建て短期IDRは「F1」で、
国家信用度は「A+」を与えた。

フィッチ・レーティングスは、2009年の
世界的経済衰退に陥った状況で、中国は
輸出大国の一つとして、輸出超過による経常収支が
依然としてGDPの 5.5%に達し、外貨準備高も
3,660億ドル(約33兆5256億円)に増加すると
予測しているほか、短期外債の流動性リスクも
大きくないと見ている。
(ChinaPressから引用)


世界的な不況の中、中国は安定した成長を
続けています。

そんな中国ですから、進出する日系企業が
年々増えているんですね。


2009年はユニクロが中国で大成功を収めた事も
記憶に新しいですね。




そんな中国出店には言語の問題や通貨の問題が
かあります。

ですがインターネットの世界でしたら・・・?

誰にでもここまでできるのです。
⇒ 無料資料請求



出店なんて私には難しくて無理!!

と思ったら、中国最大のショッピングサイト
タオバオからお買いものを楽しんでみる事から
始めてみてはいかがでしょうか。



まずは中国の文化に直接触れてみましょう!


見てるだけ・・・

考えているだけ・・・

より、
デメリットが無い以上悩むことはありません。


まずは体験してみること。



行動を起こすことは絶対の成功条件です。

100%の準備を求めていつまでも行動を起こせない人より、
80%の準備でも誰よりも早く出発出来る人が成功します。



出発した後からでないとわからないことも多いです。

まずはやってみる。

修正・改善は後からでもしっかりすればOK!



posted by 鈴木正行 at 11:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅中国貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。