【鈴木正行】無料メルマガ登録
登録  解除
                   メールアドレス
                   名前(必須)

2008年12月06日

K-1 WORLDGP2008FINAL


合宿中ですが・・・


これだけは外せない!!

1か月前から この番組だけを楽しみにしてきた!!


その名も K-1 WORLDGP2008FINAL!!



この時間だけは、すべてを休み画面にかぶりつきました!!


今回も熱い!!


尋常じゃねえ!!



今終了したのですが、

興奮冷めやらぬ状態です。


ジェロム・レバンナの熱いセリフも胸に突き刺さった!!



「99.9%ダメだと言われても

0.1%の可能性があるなら

俺は爆発するぜ。」



結局は敗戦したが、

無冠の帝王

と言う勲章
は、こういうことだ。


俺たちファンの心を、毎回必ず酔わせる名セリフを吐く!!

必ず毎回熱い気持ちにさせる。

それは全ファイターの中でも随一だ。



戦い方が一直線なので、ちょっと勝てないが・・・

その正当性、発言は全ファンを魅了するのだ。



しかし俺は断然レミー・ボンヤスキーを応援。

カッコいいし強いし、最高!!

全ファイターの中で一番かっこいい。


そんなレミーが順当に勝ち上がり、決勝で

ゴールデンボーイ・バダハリと対戦!


バダハリ23歳

レミー32歳


試合が始まり、バダハリがレミーに押される展開。


レミーのガード、超硬い!!



そのあと、あれだ。





ね。



バダハリがレミーの足持って倒れて

倒れているレミーにパンチ!

レフェリーが止めに入ったが

上から頭を思い切り踏みつけた!!


レフェリーからイエローカードが出され、

試合がレミーの休憩で 5分止められた。




K-1は立ち技専門だ。

寝ている相手には攻撃してはいけない。



あまりにもな結果だ。



レミーは休憩後も医師の診断で症状が回復せず
(モノが2重に見える状態に陥り回復しなかった)


そのままバダハリ失格!!


レミー優勝!!


レミー本人もこの勝ち方は悔しかったようで、

喜ぶというより悔しい顔をし、落胆していた。

(症状が残っていただけかな。)


とにかく、決勝が一番けがれた。



踏みつけちゃダメだよ!!

ナニがあっても!!

それで万が一勝って優勝しても、世間が納得するか?



バダハリは強い!

が心を鍛えないとダメだ。




レミーは優勝おめでとう!!


久しぶりのK-1 3度目の優勝だ。

本当にうれしい。



視聴者の中には

「レミーは本当にそこまで症状があったのか?

あれは仮病だ!

そこまでして勝ちたいのか!」

と言う意見もある。




そうか?

俺はそうだとしても。

それはそれでいい。

何故か?



遊びじゃない。喧嘩じゃない。



K-1は彼らのビジネスだ。




生きる糧だ。

勝てなきゃ、暮らしていけない。

中には富豪で趣味でやってる人もいるが。



彼らは本気で「勝ちたい」と思っているのだ。



本気で!


心の底から!!



わかるだろ!

勝ちたいと思えない奴はあのリングに立っていない。


その勝ち方にも、従わなければならない「ルール」がある。


バダハリは、ルールを犯した。

レミーは頭、首を痛めた。


それが演技だとしても、それは彼が


プロ


だからだ。

サッカー選手も相手に突っ込まれたとき、

必要以上に痛がって相手にイエローカードを出させるなど

それは「戦略」だ。



レミーに「戦略」を自ら与え、「利用」された

バダハリには、勝つ要素などない。



レミーはプロとして全ての「戦略」を生かし

勝利した!


最高だ。



俺は今日、合宿中だが妙案をついに思いついてしまった。

ぜって〜コレ売れる。


いや、売る。


超初心者が、元金1000円あれば

半年間毎月2万5千円稼げる方法。


半年で実績16万の俺がその情報を売る。


この内容は既存のものとかぶると思うが、

リサーチし、俺独自のコンセプトで作成できる。



全てのチャンスを生かし、俺も成功するのだ。



明日は俺の情報商材を明確にする。

合宿1日目は 何の情報を売るか、カテゴリーを

選出した。

合宿2日目は 全体の流れを作ろう。


超初心者向けの商材なので、誰にでもわかりやすくなるよう

目次なども構成を考えよう。



楽しくなってきた。

やばい。


俺最高!!


レミーボンヤスキー最高!!

優勝おめでとう!!!



いつか生のK-1リングへ行ってみたい。

絶対行く!!


end



posted by 鈴木正行 at 23:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック