【鈴木正行】無料メルマガ登録
登録  解除
                   メールアドレス
                   名前(必須)

2010年05月11日

ヤフーとタオバオの相互接続 現状の見解

昨日に引き続きまして、
ヤフーとタオバオの相互接続について
私の現状の見解をお話しします。


実際はまだ、
重要な部分が一切明かされておりませんので
今回の提携でどうなるのか、
非常に興味深く見ています。




具体的にどの程度手数料などの
「料金」が乗っかってくるのか。


一番重要な部分が明示されておりませんので
6月以降の在宅中国貿易の実践者様にどう影響するか、
金額の部分では現状では判断出来ません。




今わかっている範囲内で・・・

●購入可能商品数

私の「中国在宅貿易」では
タオバオ内の全商品およそ
4億点以上といわれるアイテムから
全商品を選ぶことができます。

これに対し、
6月からのヤフーとタオバオのサービスでは
初期は5000万点のアイテムからしか
選ぶことができません。


代行業者の独自ルートでしかしれられない
ジャンルの商品があるのです。



●中国人相手の売買

個人が仕入れる際、商品や販売者との文化、
考え方等の違いにより
トラブルにあわないようにと言う意味もあった
購入代行業者」が抜けます。

そして「配送の中間業者」に変わるため
習慣の違う中国人と日本人の間で、
すべてのやりとりが翻訳されるというだけで、
正常に、問題なく行えるのかは今は少々疑問です。




現状は以上2点が在宅中国貿易実践者様の
アドバンテージ
かと思います。


これに足して、在宅中国貿易では
代行手数料7%から行えます。



ですからもし、この提携により出てくる
タオバオ→配送センター→ヤフオク
仲介業者の手数料が8%以上なら、
料金的にもアドバンテージがとれます。

Yahoo!チャイナモール2.jpg



以上です。

手数料、取引の仕方等詳細の発表された6月以降に
また、具体的にお答えさせて頂きますね。








今回の掲載記事サイト
Yahoo!チャイナモール.jpg
http://topic.auctions.yahoo.co.jp/staffblog/planner/post_57/






▼株式会社レッドタートル

古物商許可証 神奈川県公安委員会 第452600007033
在宅中国貿易著者 鈴木正行
特定商 
http://redturtle.greater.jp/taobao/tokutei.html



posted by 鈴木正行 at 17:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅中国貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。