【鈴木正行】無料メルマガ登録
登録  解除
                   メールアドレス
                   名前(必須)

2008年10月02日

めぞん一刻


1905939_216.gif

定価5900円/ボーステック/ROM/1988年7月21日/アドベンチャー


めぞん一刻ファミコン版、独特な世界観を忠実にゲーム内で体感できる良作ゲームぴかぴか(新しい) 


版権モノのゲームは、原作の人気に便乗しただけのクソゲーも数多い。

しかしこの作品は、良作である。



なんとか管理人さんに会おうと、管理人室の前に何度も足を運ぶプレイヤーはまさしく五代君。


印象深いのは、セーブ・ロードする場所。

五代くんが落ち着ける場所、一刻館の「トイレ」である。
セーブ・ロードするたびにトイレに行く五代君(プレイヤー)。

この発想はおもしろかった。



住民のハチャメチャ加減も、管理人さんと五代君のやりとりも
、「ゲーム」という媒体の上でしっかり原作のイメージを再現している。

いや、原作というよりアニメよりだな。



★mixiコミュニティ めぞん一刻 ファミコン支部

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1905939






posted by 鈴木正行 at 08:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。