【鈴木正行】無料メルマガ登録
登録  解除
                   メールアドレス
                   名前(必須)

2008年07月22日

追い越されて2008夏

実話ッス。

自転車で風を切って走っていた俺。

俺は軽快に飛ばし続けた。

長い長い登り坂へ入り立ちこぎで入る。

きつい!重い!ハァハァ・・・!!

いつまで続くかこの心臓破りの坂は!

俺は一生懸命立ちこぎしていたんだ。

それなのに!

後ろに気配を感じサッと振り返る。

おばさんがつまってる!!

俺は道を譲った。

すると

小太りのおばさんが二人、座りこぎで優雅に追い越して行ったのだ。

その後も俺は立ちこぎで息を切らせながら頑張っていたが、おばさん二人は座ったまま俺に差をつけて先へ行ってしまった。


俺が弱すぎるのか!?
おばさんが強すぎるのか!?

体力つけたいな。と思った瞬間だった。





posted by 鈴木正行 at 23:36| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。