【鈴木正行】無料メルマガ登録
登録  解除
                   メールアドレス
                   名前(必須)

2008年07月10日

リズミカルな上半身

実話。

今回の日記に書くこと、俺の文章力で真の状況が伝わるか・・・自信ないです。実際見た人にしかわからないかもしれませんが・・・。できる限りわかりやすく伝えますね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

静岡のイトーヨーカドーに、俺はいた。

妻の実家、静岡県三島市へ遊びに来ていた。
妻と妻の妹が「プリクラ」を撮るということで付き合ったのだ。
俺も一緒に、妻と妻の妹と娘(1歳5か月)と4人で撮ることに。


一通りプリクラを取り終え、妻とその妹は落書きに熱中。
俺は娘を抱っこしたまま、最近のゲーセンを探索した。

ザ・ハウスオブザデッドや鉄拳6など、やりた〜い☆ウキウキ♪
しかし、娘がいるため無理だ。
あきらめてプリクラのところへ帰る。すると丁度落書きの終えた二人が出てきた。

俺は本屋に行く旨を伝えると、2人は娘を抱っこしてくれて、ドラッグストアへ行くと言ってきた。

そうして俺は本屋へ向かったのだ。
本屋で見知らぬ良本に巡り合えることを祈って。
具体的に欲しい本はなかった。

その時まだ俺は知らなかった・・・。
数分後、あんな光景を目の前にするとは・・・。


本屋についた。
俺はおもむろにパソコン系の書籍の前に立っていた。ヤフオク、アフィリエイト、HTML、グーグルアドセンス、世界の有毒生物・・・等など立ち読み、そしてゲーム雑誌、映画雑誌、本屋を回っていた。

パソコンの情報系雑誌を目の前にした俺は、周囲の人間に対し (立ち読みうぜ〜な。本とりづれーよ。ったく) と心の中で言いつつ混ざって立ち読みしていた。

そんな時だった。

ん?

何かがおかしい!

何かがおかしいのだ!!

本屋でじっと本を読んでいる人たちの中で、一か所異様な状況が起きている。

それは俺の隣の隣で立ち読みしていたお兄さん。

お兄さん、雑誌を読んでいた。
・・・普通に読んでいた。
しかし。

いきなり雑誌を両手にもった立ち読み中の姿勢そのままで、上半身を左右にリズミカルにふり始めたのだ!!

上半身にのっとって顔も同様、左右に180度動きつつ雑誌を読んでいる。雑誌をもったまま動いているので隣の人にぶつかったら危ない。
俺は「見ちゃいけない見ちゃいけない見ちゃいけない・・・!」そう心で思いつつも、その光景が気になってしまった。


そのうちその行動はおさまり、普通に読み始めた。

おれも安心して立ち読みを満喫していた。

しかし、お約束の2度目があったのだ。俺は先ほど見たので最初ほどの衝撃は受けなかった。


そして本をそっと戻し、妻たちのいるドラッグストアへ俺は向かったのである。

あの人の尋常でない動き、そして周りにいた人たちの無反応具合、忘れられない、いい思ひ出だ。

でも一回でいいや。

濡霧涙プチリンク
mixi活動
ヤフオク活動


posted by 鈴木正行 at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。